DTMを楽しむために必要な人脈とは…【自分の音楽に価値をつけるために】

   

DSC_0010_01

トラック制作やレコーディングに力を入れていたのでブログ放置していましたが、
また書いてみようと思ったので、つらつらと書いて行きます。

ちょこちょこDTMのことをブログで書いていますが、
実は本格的にDTMを初めて1年もたっていません。
それでも、ちょこちょこトラックを有償で提供したり
レコーディング、ミックスダウンを受けさせてもらっています。

どうやって曲を売ったり仕事をゲットしたかというと…




やっぱりといいますか…人伝いです!

もともと知り合いに音楽をやっている人がいる方はそこから広げるのが楽でしょう。
あとはクラブ、楽器店、などで知り合った人が仕事につなげやすいです。

他の方法で活動の幅を広げたい、音楽を少しでもお金に変えたい方は、
機材と技術があれば事務所に所属したりするのが良いのでしょうが、
本業がありつつ趣味などでやっている方は難しいでしょう。
そんな時はコンペに応募するのも良いと思います。

↓クリエイターをつなぐサイト↓
「ARTISTCROWD」

上記サイトのように楽曲コンペをまとめているサイトもあるようなので、
登録して応募してみるのも良いと思います…が!

やはりプロや熟練の方などライバルが多くなかなか難しいところでもあります。
なので、やはり近くの知り合いなどから広げていく方が確実です。
知り合いを増やせば自分の曲を聴いてもらえる人も増えるので
感想も聞けるのでスキルアップにも近づきます。

私のおすすめは楽器店の方です。
ライブハウスやクラブで売り込むにはそこそこの度胸と営業技術が必要ですが、
楽器店の方は親切に対応していただけますし、わからないことも聞けます。
もちろんDTMに詳しい方に対応してもらうようにしてください。
楽器店には音楽関係の方が集まるのでつながりも広げやすいです。

あと楽曲制作だけでなくミックスダウンなどもやりたい方は
練習方法に困っている方も多いと思います。
自分で歌を録音しても良いですが、オケの準備が面倒だったり
余計なことで時間がとられます。
また、自分の中で完結してるうちは中々成長しません…

そこでおすすめなのがTwitterです!
歌手とエンジニアをつないでくれるアカウントがあるので、
そこでミックスの依頼を募集すればそのアカウントが拡散してくれるので
気になった人から連絡が来ます。

ニコニコ動画などに投稿したい若い人が多く、
無償での依頼や録音環境の整っていない方からの依頼も多いですが、
人の楽曲、歌を扱えるのでスキルアップにはつながります。

フォロワーがいない依頼募集用のアカウントを新規で作っても
意外と依頼は来るので、ひっそりと練習したい方は
サブアカウントを作って挑戦してみてください。

本当につらつらと書きましたが、
折角自分の音楽を形にしているので、どんどん外に出していきましょう!!
近くに頼れる知り合いがいなくてもTwitterなどを活用すれば人脈は広げられる時代です!
がんばりましょう!!!!







 - DTM, トラックメイク