3日坊主のブロガーが2時間でやる気を取り戻す1冊【武器としての書く技術】

   

5d12272aec2a16f7f87cea1c739089ea_s

スポンサーリンク



武器としての書く技術【電子書籍】[ イケダ ハヤト ]

価格:1,620円
(2018/1/23 00:58時点)
感想(2件)

【ブログ記事がうまく書けなくて困っている人には一度読んでみてほしい本。】

ブログを書いている方で記事の書き方を勉強している方はどれくらいいるのでしょうか?

記事を書くだけなら誰でもできるし、「ネットに溢れている情報を読めば十分」と感じている方も多いはずです。

でも実際は記事を書くのも体力がいりますよね。だんだん記事を書くのが億劫になってきていませんか。ぼくはそうでした。

しかし現在「武器としての書く技術 著:イケダハヤト」を読んで記事を書くことができています!

それくらい即効性のある内容が書かれた一冊でした。ちなみにブログに関係する本を読んだのは初めてです。

1章を読むだけでも記事を書きたいという気持ちが湧き出てくるので、本が苦手な方も少し勇気を出して読んでみてほしいです。リアルガチで。

後半は少しややこしい部分があったり、早く書きたいワクワクで頭に入ってきにくいので、前半だけ読んで早速記事を書いちゃうことをお勧めします!

ネットにも有益な情報は多く存在しますが、やはり本のほうが密度が高く文章も整理されているため丁寧に学習する際は本をお勧めします。(かさばらず軽量!読みたいときにすぐ買えるキンドル最高!)

※本を勧めていますが「すぐに稼げる」とか怪しい本には注意!
ちなみにぼくは音楽系ブログで有名なこおろぎさんの記事を見てこの本を買いました。
みなさんも何かを買うときは信頼できる情報からですよ。

 

【手順やポイントが簡潔にまとめられている。】

実際にブログで稼いでいる方だけあって非常に読みやすかったです。

中でもぼくが良いと思った点は…

・箇条書きでポイントや手順を示してくれている

まず章タイトルからして「凡人の文章を最強の文章に帰る10の魔法」、
「月40万字書き続けるぼくの12の秘密」など読みたくなる構成になっています。

あとは文章の組み立て方や見せ方について実例を踏まえて紹介してくれるので、すぐに実践してみる気になれます。例文にも説得力があります。

・ブログ記事に特化した内容が書かれている。

この本では正しい日本語の書き方について言及しているわけではなく、ブログで読みやすい文章の書き方に焦点を絞って書かれています。

なので過去に日本語の書き方について本を読んで嫌悪感を抱いた人。書くこと自体に嫌悪感や苦手意識を持っている人はこれを読んで認識を変えてほしいです。

ものごとを好きと認識することは脳にとても良いことみたいです。
(脳のパフォーマンスを上げたい方はさっと読めるこの一冊脳に悪い7つの習慣【電子書籍】[ 林成之 ])

 

【自分の商売道具を堂々と明かしているのはなぜだろう…】

読んでいてふと思ったこと。
ブログビギナーの自分からすれば手の内を知られてライバルが増えるのは

なのに著者はなぜこんなにも手の内を明かせるのでしょうか…

奥の手を隠してるとも考えられますが、

書く技術を知ったところで本当にすべてを実践するのは困難。記事の数。クオリティ。
軽い気持ちでは実現できないと知っているからだと思いました。

そしてそれよりも「ネット上の情報が充実することを切に願っている。」という想いがこの本からは感じられます。

確かにライバルは増えますが、知識も目標もみんな異なるので、その違った部分が最終的には武器になるのだと感じました。

【まとめ】

兎にも角にもブログを書く意欲を高めたい方には是非読んでいただきたい本です。

学ぶべきポイントは簡潔に書かれており、書くことのメリットやブログを通じて知る喜びについても伝えてくれます。

稼ぎたいと考えている人には厳しい数字も突きつけられますが、しっかり向き合うべきだと感じさせてくれます。

「続けるためのコツは再開すること」と本で書かれていますが、これは最近ぼくが実感したことなのでかなり納得感がありました!今回の記事を書いた動機は本を読んだからですが、
それ以前に1年ぐらいほったらかしていたブログを再開したのは…

・久しぶりに見たらコメントがあったこと
→一人でも同じ悩みの人を救えた。

・少なからず過去の記事を読んでくれている人がいると知ったこと
→純粋に嬉しい。少なからず読まれている記事の傾向が分かった。

・アフィリエイトも機能していたこと
→嬉しい。

・レビュー記事の書き方(ネタがなくても月3万円を稼ぐブログなら誰でも作れる。後はやるかやらないかだけ)の記事を読んだ
→写真を撮ることで自分の触れているものに愛着が持てる。楽しい気持ちになる。おすすめ。

といった小さなモチベーションアップが積み重なったからです。

そして今回もこおろぎさんのブログ記事を通じてこの本に出会い、書くことのモチベーションやワクワク感を得ることができました。

これからもネットに楽しい情報を充実させて、自分の生活も充実させられるよう頑張りたいと思います。

書くことと好きなことと武器に!お楽しみに!

武器としての書く技術【電子書籍】[ イケダ ハヤト ]

価格:1,620円
(2018/1/23 00:58時点)
感想(2件)




 - ブログ関連, 日記, 雑記 , , ,